インバウンド型のメリット

現在、ほとんどの顧客は興味のある商品やサービスの情報源として、インターネットを利用する傾向にあります。これは今まで主流だったテレビ広告以上に、インターネットの影響が大きくなっていることを示すもので、各企業はテレビからインターネットへと、マーケティングの場を移していきました。

SNSやブログなどで、わざわざサイトを見つけてきた顧客は、購買意識が高いわけですから、効率的には非常に優れたマーケティングとなります。つまり、顧客に見つけてもらい、充実したコンテンツで商品のアピール、そして購入へ繋げ、さらにそこからまたリピーターに育てていくという、この流れこそがインバウンドマーケティングなのです。

このインバウンドマーケティングのメリットとしては、顧客に嫌われないということが挙げられます。アウトバウンド型のような強引な手法は、顧客に嫌なイメージを与えますが、インバウンド型は自ら望んでサイトを訪問するわけですから、悪い印象は持たれにくいのです。また、マス広告のような莫大な広告宣伝費がかからず経費が抑えられるのも大きいでしょう。そして、購買意欲のある顧客にターゲットを絞れますので、費用対効果が優れているのも特徴です。このように、インバウンドマーケティングは齎すメリットは大きいため、各企業はここに力を入れるようになったのです。

アウトからインへ

インバウンドマーケティングという言葉が少しずつ広がりをみせています。このインバウンドマーケティングは従来のマーケティング手法である、アウトバウンド型の対義語として捉えられていますが、では具体的にどのようなものなのでしょう。

これまでのマーケティングはアウトバウンド型が主流でした。これはダイレクトメールやマス広告、あるいはテレマーケティングやサイトのバナーなど、顧客への猛烈なプッシュが特徴のものです。言うなれば、訪問販売員が自宅へやってくるようなもので、アウトバウンド型は、買う気のない顧客にとってはアレルギーとなっている場合が少なからずあります。

こうした押しの強い手法により、その企業のイメージは著しく損なわれ、顧客からの信頼を得られにくくなってしまいます。今の消費者は、余計なものを買うという考え方を持っていません。必要なものだけを、買うという考え方なのです。そのため、いくらアウトバウンド型で購買意欲を煽っても、欲しくないものには誰も心を動かされないのです。逆に、欲しいものがあれば、多少の面倒も厭わず、消費者はどうにかしてでもそれを手に入れようとします。ここに目を付けたのがインバウンドマーケティングなのです。

時代はインバウンドマーケティングへ

企業が自社の商品やサービスを広く知ってもらうためには、様々な手法がとられてきました。ただ、それはアウトバウンド型と言う、強引な手法であったため、効率も悪く企業イメージも損なわれるものでした。そこで近年、インバウンドマーケティングという新しいマーケティングが注目され、各企業はこぞってこれを取り入れているのです。このサイトでは、このインバウンドマーケティングのメリットについて説明します。

これまでのマーケティングは、DMやマス広告、あるいはサイトのバナーなど、買う予定のない顧客にまで、その商品のアピールを施すアウトバウンド型と呼ばれるものでした。ひと昔前は、これでも充分通用してきたのですが、現在の顧客は必要なものだけを買うという意識が強いため、従来のアウトバウンド型には限界が見えてきたのです。そこで、ピンポイントで購買意欲を煽り、成約に繋げるインバウンドマーケティングが脚光を浴びるようになったのです。

インバウンドマーケティングは、SNSやブログなどを介し、自社のサイトを見つけてもらうという、受け身のマーケティングです。しかし、そこを訪れる顧客はわざわざ見つけてきたわけですから、購買意欲は高く、コンテンツ次第ではリピートする可能性も高いのです。また、インバウンドマーケティングは経費の面でも、そして効率の面でもアウトバウンドのデメリットを見事に克服したもので、各企業はこれからのマーケティングの手法として注目しているものなのです。