現在、ほとんどの顧客は興味のある商品やサービスの情報源として、インターネットを利用する傾向にあります。これは今まで主流だったテレビ広告以上に、インターネットの影響が大きくなっていることを示すもので、各企業はテレビからインターネットへと、マーケティングの場を移していきました。

SNSやブログなどで、わざわざサイトを見つけてきた顧客は、購買意識が高いわけですから、効率的には非常に優れたマーケティングとなります。つまり、顧客に見つけてもらい、充実したコンテンツで商品のアピール、そして購入へ繋げ、さらにそこからまたリピーターに育てていくという、この流れこそがインバウンドマーケティングなのです。

このインバウンドマーケティングのメリットとしては、顧客に嫌われないということが挙げられます。アウトバウンド型のような強引な手法は、顧客に嫌なイメージを与えますが、インバウンド型は自ら望んでサイトを訪問するわけですから、悪い印象は持たれにくいのです。また、マス広告のような莫大な広告宣伝費がかからず経費が抑えられるのも大きいでしょう。そして、購買意欲のある顧客にターゲットを絞れますので、費用対効果が優れているのも特徴です。このように、インバウンドマーケティングは齎すメリットは大きいため、各企業はここに力を入れるようになったのです。