企業が自社の商品やサービスを広く知ってもらうためには、様々な手法がとられてきました。ただ、それはアウトバウンド型と言う、強引な手法であったため、効率も悪く企業イメージも損なわれるものでした。そこで近年、インバウンドマーケティングという新しいマーケティングが注目され、各企業はこぞってこれを取り入れているのです。このサイトでは、このインバウンドマーケティングのメリットについて説明します。

これまでのマーケティングは、DMやマス広告、あるいはサイトのバナーなど、買う予定のない顧客にまで、その商品のアピールを施すアウトバウンド型と呼ばれるものでした。ひと昔前は、これでも充分通用してきたのですが、現在の顧客は必要なものだけを買うという意識が強いため、従来のアウトバウンド型には限界が見えてきたのです。そこで、ピンポイントで購買意欲を煽り、成約に繋げるインバウンドマーケティングが脚光を浴びるようになったのです。

インバウンドマーケティングは、SNSやブログなどを介し、自社のサイトを見つけてもらうという、受け身のマーケティングです。しかし、そこを訪れる顧客はわざわざ見つけてきたわけですから、購買意欲は高く、コンテンツ次第ではリピートする可能性も高いのです。また、インバウンドマーケティングは経費の面でも、そして効率の面でもアウトバウンドのデメリットを見事に克服したもので、各企業はこれからのマーケティングの手法として注目しているものなのです。